小さな足

男女の仲が親しくなり、その関係が交際関係にまで発展すると、婚前前であっても、肉体的な関係を持つようになるケースは珍しいことではありません。
しかし、時にはその結果として望まない妊娠をしてしまうこともあります。
そういった際には、妊娠出産というプロセスをあくまで望まないのであれば、産婦人科に足を運んで、中絶手術を受けなければいけません。
中絶手術自体は手術時間も比較的短いものであり、また体への負担もないとは言い切れないものの、出産と比べれば大きすぎることはない手術となっています。
しかし、出産をするのではないにも関わらず産婦人科へと足を運ぶことや、確かに妊娠しているのか否かを判断するまでの期間は、妊娠を望まないケースでは、精神的な苦痛が大きな負担として圧し掛かることにもなってしまいます。
そこで、妊娠を望んでいないにも関わらず、肉体的な関係を持つようになった際に必ず行なうようにしたいのが、避妊の手段を用いることです。
男性にコンドームなどの避妊具をしっかりと着用してもらうのを忘れないようにしたいのはもちろんのこと、女性の避妊方法としてピルを用いるのもオススメの方法です。
ピルには、習慣的に摂取するタイプと、コンドームが誤って破れてしまった際になど、万が一精子が中に残ってしまう可能性がある性交をしてしまった際などに有効な、アフターピルと呼ばれるタイプのものがあります。
双方を有効に使い分けることで、望まない妊娠による中絶といったことをしてしまう可能性を極力減らすことが可能となります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031